Top
トゥー・ウィークス・ノーティス(マーク・ローレンス、2002年、アメリカ)
b0062149_22381042.jpgWowowで録画したものを見ました。またまたヒュー・グラントさん登場のラブコメです(よく考えたらここでのヒューさん登場率、すごく高いなあ)。そしてまたまたボンボンのダメ男役・・いい加減飽きないのか。今回は顔の輪郭もぼやけた感じで、「アバウト・ア・ボーイ」ほど魅力的じゃなかったなあ(始終飛ばしているブラックなジョークはよかったけどさ・・)。相手役(というか主役)のサンドラ・ブロックもあんまり好きな女優じゃないんですよね。「スピード」のようなワイルドな姉ちゃんのイメージが強いので、弁護士、という役も違和感ありました。お話も今ひとつで最後で根はいい人なんだということは分かるんだけれども、それまではヒューさんはサンドラに迷惑のかけっぱなしだし、ケーハクだし、バカっぽいし、チャラチャラした女の子ならまだしも、どうして正義派弁護士のサンドラがヒューさんに引かれるのかが、よく分かりませんでした(やっぱり顔に??)。
全体としては今ひとつな映画ですが、タイトルバックと音楽が洒落ていてよかったです。ノラ・ジョーンズも本人役でちょっとだけ登場してます。あと、サンドラが最後に着ているグレーのボックスプリーツのスカートにピンクのブラウスとカーディガン、というコーディネートが可愛かった。
[PR]
by poyance | 2005-02-14 20:48 | 映画
<< マトリックス・レボリューション... 10年の空白 >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28