Top
きつねと猟犬 The Fox And The Hound
b0062149_17291980.jpg監督:アート・スティーヴンス、テッド・バーマン、リチャード・リッチ
公開年、制作国:1981年、アメリカ

WOWOWで録画したものを鑑賞。最近のディズニーのアニメには全く興味がないが、昔のものは多少気になるし、きつねが主人公ということで鑑賞してみたら、これがなかなか掘り出し物だった。子どもの頃仲良しだった犬ときつねが、大人になって追う者と追われる者になる、という構図は人種とか宗教とかの問題を想起させるわけで、子ども向けにしてはクマの場面など結構暴力的なところもあり、大人が観ても見応えのある内容である。結末のつけ方など、宮崎駿みたいじゃないかと思ってしまった。きつねのしなやかな体の動きの表現などは、さすがディズニーだけあって美しく、泣かせどころも要所にありとても楽しめた。子ぎつね時代のトッドは、案の定カブ(家の長毛猫)を思い出させて、見ているだけで涙が出てくる・・ 犬のほうは子犬のときでもあんまり可愛くないんですが(笑。

これは吹替版で観たのだが、オリジナルではミッキー・ルーニー、カート・ラッセルなど豪華な面子が声優をつとめている。トッドの子ども時代はコリー・フェルドマンが担当していて、ちょっと懐かしい。アニメーターとしてティム・バートンも参加しているそうで、色々発見のある作品だった。
[PR]
by poyance | 2012-04-15 17:48 | 映画
<< ドライヴ Drive ヒューゴの不思議な発明 Hugo >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31