Top
ブラック・スワン Black Swan
b0062149_16501956.jpg監督:ダーレン・アノロフスキー
公開年、制作国:2010年、アメリカ

レンタルBDにて鑑賞。バレエ&妄想モノで主人公が不感症の娘、となると山岸凉子の漫画の世界を想像せずにはいられないし、観ているうちにその派手で時に大げさな表現のためほんとうに漫画やアニメを観ているような気分にさせられる。日本のアニメが好きだとは聴いているので、多分にその影響を受けているのだろうが、アニメ的表現を実写に持ってくると、ときにB級的な安っぽい印象を受けてしまう。途中からはそれがおかしく思えてきて、ラストの "perfect!" では思わず笑ってしまった・・ まあそういうのも監督の狙いのひとつなのかもしれないが。

また他の人の感想にも見かけたけれど、この作品ではバレエを扱っているものの、バレエ的な興味を引くことはなく、「新解釈」とされる『白鳥の湖』もいったいどこが新しいのか映画を観た限りではわからない。バレエはあくまでもメロドラマを仕立て上げるための要素としてのみ存在していて、B級感が漂うのはそのせいもあるだろう。しかしサスペンスものとしては、無駄な説明を省き、スピーディーに物語を進行させ、要所要所にこちらに刺激を与える(痛いシーンとエロティックなシーンが交互に襲来)ので、じゅうぶんに楽しめる。

いつも優等生のイメージがつきまとうナタリー・ポートマンにはニナ役はまさに適役だろう。殻を打ち破れないバレリーナとナタリー自身が重なって見える。この役でのオスカーは妥当だと思うが、殻を打ち破れたか、という点では少々疑問。ヴァンサン・カッセルは好きな俳優だが、踊り子を誘惑するこの演出家にはやや役不足かなと思った。いちばんの発見は邪悪な美しさをたたえたミラ・クニス。囲み目メイクがとてもお似合いだ。
[PR]
by poyance | 2011-10-30 17:24 | 映画
<< 蜂蜜 Bal ゴーストライター The Gh... >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30