Top
グリーン・ホーネット Green Hornet
b0062149_20194596.jpg監督:ミッシェル・ゴンドリー
公開年、製作国:2010年、アメリカ

109シネマズ箕面にて鑑賞。この映画をこの監督がどう撮っているのだろう、という素朴な好奇心から映画館へ出向いた。が、脚本が主演のセス・ローゲンが担当していることもあるのだろうか、あんまりゴンドリーらしさを感じられない出来だった。あの監督特有のコチャコチャっとした手作り感覚がほとんど伝わってこないのが残念である。代わりに無意味な暴力シーンが多くてちょっと辟易した(これは監督ではなく、セス・ローゲンの趣味じゃないかなと思う)。ところどころ面白いカット(最後の5分間の回想シーンとか)もあるけれど、観た後にあまり何も残らない・・ 監督で観に行こうと思っている人にはあまりおすすめできない。それから3Dに集中するため今回も吹替版を観たが、これはオリジナル音声&字幕で観るほうがいいと思う。

セス・ローゲンのルックスはわりと好きだが(俗っぽいコリン・ファースみたい)、この映画でのキャラがしんどいタイプで魅力が感じられなかった。もっとシリアスな役とかしみじみ系な役とか似合いそうだ。ジェイ・チョウも悪くないけれど、いかんせんオリジナルはブルース・リーですから、地味だ。できれば主演はジャック・ブラックあたりにやってもらいたかったが、主演が脚本を書いてますから無理な話ですね・・

キャメロンはまさに彼女らしい役ですが、さすがに年取った感がある。でも不自然にそれを隠してないのが好感もてますね。クリストフ・ヴァルツは悪くないけど、オスカーを穫った後にこの使われ方はかわいそうな気もする。ジェームズ・フランコのちょい役にもおおと思ったけど、やっぱり驚いたのはエドワード・ファーロングである。昔の面影はいづこへ・・
[PR]
by poyance | 2011-02-15 20:50 | 映画
<< 英国王のスピーチ The Ki... ソーシャル・ネットワーク Th... >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30