Top
ソーシャル・ネットワーク The Social Network
b0062149_18504928.jpg監督:デヴィッド・フィンチャー
公開年、製作国:2010年、アメリカ

梅田ブルクにて鑑賞。Facebookって日本でまだ知名度ないよね〜と思っていたら、方々のメディアで特集組まれるし、買収の話も出てくるし、おまけにあの国やこの国の革命のキーワードにまでなって、一挙に有名になったわけで、日本では絶妙のタイミングの公開でした。前評判が高くアカデミー賞にノミネートまでされたので期待して観たのだが、最初の感想はどこがそんなに受けているのか? というものだった。もちろん物語は飽きさせないし、面白くないわけではないのだけれど、個人的には『ゾディアック』や『ベンジャミン・バトン』ほうがワクワクさせる作りで楽しめたと思う。

しかし何でも玄人の目からすると、この映画で駆使されている技術は驚くべきものなのだそうだ。たとえば双子の大学生は、一人の俳優の顔を画面に貼付けてるだとか、ぱっと見ではぜんぜんわからない処理があちこちに施されているらしい。そういうすごいテクニックを地味に目立たぬように見せるところが評価される理由なのかもしれない。

出演俳優もあまりよく知らない若手が多かったが、みんなよかったと思う。マーク・ザッカーマン役のジェシー・アイゼンバーグは『イカとクジラ』の長男だった人だったんですね。エドゥアルド役のアンドリュー・ガーフィールドも注目度が急上昇中のようである。ジャスティン・ティンバーレイクもなかなかよろしかったです。
[PR]
by poyance | 2011-02-15 19:18 | 映画
<< グリーン・ホーネット Gre... 2010年度私的ベスト5 >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28