Top
脳内ニューヨーク Synecdoche, New York
b0062149_2191466.jpg監督:チャーリー・カウフマン
公開年、製作国:2008年、アメリカ

レンタルDVDにて観賞。カンヌ出品時から気になっていたカウフマン監督作をようやく観る。脚本家が主役、というまさに彼自身をモデルにしたかのような作品で、結末はなんとなく想像はできたとしても、物語構造が非常に複雑である。脚本としてはとても面白い、ということはわかるのだが、それを映像化したときにそっくりその面白さが反映されるかどうかはまた別物。やはり映像のセンスは彼がこれまで組んできたスパイク・ジョーンズやミシェル・ゴンドリーのほうが数段上に思う。スパイク・ジョーンズに撮らせたらよかったのに・・ もっとメリハリのあるテンポのよい作品になっただろう。でも自分でやってみたかったんだろうな。

フィリップ・シーモア・ホフマンを主役、というキャスティングは間違っていないし、キャスリーン・キーナー、サマンサ・モートン、ミシェル・ウィリアムズなど女優の選択も渋いと思う。
[PR]
by poyance | 2010-08-21 21:07 | 映画
<< スター・トレック Star Trek アバター Avatar >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31