Top
ブライト・スター〜いちばん美しい恋の詩(うた)〜 Bright Star
b0062149_20562143.jpg監督:ジェーン・カンピオン
公開年、製作国:2009年、イギリス/オーストラリア

テアトル梅田にて観賞。去年のカンヌ映画祭で知ってから、ずっと公開を待ち望んでいたジェーン・カンピオンの新作をようやく観ることができた。平日上映に行ったにもかかわらずオバさま方(まあ自分もその一人なんだけれども)がひしめくほぼ満席の映画館の前から2列目、サウンドスクリーンの小さい穴が丸見えで、おまけにデジタル映像上映という少々見る気をなくす状況ではあったけれど、映画が始まってみればそんなことはどうでもよくなり、140分ほどある上映時間もほとんど感ずることなく映画の世界に浸った。


b0062149_211430.jpg隣家に居候するようになった文無しの詩人に惹かれ、それまで反発を感じていた詩の世界に目覚め、やがて彼と結ばれるが周囲からは快く思われず、ようやく婚約を認められるものの、恋人は不治の病に蝕まれている・・という物語だけ見ればいかにもというメロドラマなのだが、息をのむような美しい映像の連続で、撮り方一つでこうも印象が変わってしまうのかと思う。どのシーンを切り取っても絵になるような色彩、構図で、この監督特有のふわりとした質感も健在である。


b0062149_2115378.jpgキーツの詩作と等価に扱われているのがファニーの裁縫で、それはこの映画がファニーの運針の大写しで始まり、キーツの詩の朗読で終わるほか、キーツが詩作にふける場面と同じくらい、またはそれ以上にファニーが縫い物をしている場面が登場することなどに象徴されている。そしてその完成作であるファニーの衣装が大変すばらしい。フリルや刺繍、モチーフ編みなどで飾られたエンパイア・スタイルのドレスと、それと対照的なストイックなヘアスタイルで完璧にスタイリング(独創的な帽子がこれまたよい!)したファニーの姿は見飽きることがない。この当時のスタイルはもともと好きだったのだけれど、この映画ではその魅力がじゅうぶんに堪能できる。


b0062149_2124031.jpgキャスティングもすべて申し分なかったように思う。ファニーを演じたアビー・コーニッシュの凛とした美しさが、主人公の気の強さとマッチして本当にすばらしかった。キーツ役のベン・ウィショーは、ファニーと対照的な詩人の弱々しく優しい性格を繊細に演じて、こちらも好演。二人が初めて接吻を交わしたあとの幸福感の表現がとてもよかったなあ。この二人と一種の三角関係になり、ファニーへの嫉妬心むきだしのブラウンを演じたポール・シュナイダーもよし。そしてファニーにいつも従順に従う弟妹たちも可愛い。弟役は「ナニー・マクフィー」に出ていたトーマス・サングスター君で、彼の顔立ちがとても好きだ。これからの成長が楽しみ。それから白黒の大きな猫さんが登場して実にいい味を出してます。
[PR]
by poyance | 2010-06-13 21:10 | 映画
<< ニュームーン/トワイライト・サ... リリィ、はちみつ色の秘密 Th... >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28