Top
アリス・イン・ワンダーランド Alice in Wonderland
b0062149_1430848.jpg

監督:ティム・バートン
公開年、製作国:2010年、アメリカ

109シネマズ箕面にて鑑賞。ようやく3Dモノを映画館で観る。この映画館では最良方式の3Dで上映だということで箕面まで足を伸ばした。字幕に気を取られないように吹替版、というのも初めてのことだ。アリスが穴に落ちる場面などおおっと思ったけれども、全体的にはまあこんなものかという感じ。『アバター』だったらまた違っていたかもしれないが、この映画に関しては3Dでなくてもいいように思う。結局いちばん感心したのは映画が始まる前のディズニー・スタジオのマークが出てくるところだった。

さて、肝心の映画だが、ルイス・キャロルのアリスをイメージしていると全く期待はずれに終わってしまう。19歳に成長したアリスが再びウサギの穴に落ちる、という設定だが、原作のナンセンス感は皆無(『チャーリーとチョコレート工場』のほうがよっぽどナンセンス感にあふれている)。赤の女王の暴政に立ち向かい、白の女王の騎士となる・・なんてまるでナルニア国やん!という展開。おまけに帽子屋(どうしてマッドハッター、ってそのままなのだろう・・こう聞いても何のことかすぐわからない)もヘンテコ動物たちもみんな理性的。もうこれは原作と切り離して、ディズニー的ビルドゥングスロマンと考えるほうがよい。原作を知らなければ、娯楽映画としてまあ楽しめるだろう。動物たちの造形はわりと可愛い。カエルの質感がよかった。それからチェシャー猫が家の猫に見えました。

アリス役のミア・ワシコウスカは、ちょっとグウィネス・パルトロウを思い出させるルックスで、主役には地味かなと思う部分もあるが悪くはなかった。ヘレナ・ボナム・カーターの赤の女王はそのアンバランスさが意外と可愛い。アン・ハサウェイも容貌がいかにもお姫様だからあのキャラはおかしい(吹替のあの人もピッタリ)。そして何よりもクリスピン・グローヴァーのハートのジャックがカッコよい! 変な役がいつも多いけどやっぱりこの人二枚目ですな〜。そして、ヘレナともどもジョニー・デップはもういいかげんコスプレじゃない役で観たいっす!
[PR]
by poyance | 2010-05-16 14:51 | 映画
<< 第9地区 District 9 扉をたたく人 The Visitor >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28