Top
抱擁のかけら Los Abrazos Rotos
b0062149_1191268.jpg監督:ペドロ・アルモドバル
公開年、製作国:2009年、スペイン

MOVIX堺にて鑑賞。待望のアルモドバル新作。マテオを中心とする現在、過去の回想、マテオが撮影したフィルム、エルネストJr.が録画したビデオなど、さまざまな次元の映像が登場するが、物語の筋はさほど複雑ではなくわかりやすい。一方で全体的にまとまりが弱く、かつ『ボルベール』のようなエネルギーや力強さに欠けているように思う。昨年のカンヌに出品されたときに「前作ほどではない」という評を見ていたから、ある程度予想はしていたものの、アルモドバルファンの家人にはかなり物足りなかったようである。

とはいえ、監督の映画愛が今回も随所にあふれていて、それは堪能できた。ペネロペ演ずるレナに、オードリー・ヘプバーンやマリリン・モンロー風のコスプレをさせたりするのを始め、往年の名画のポスターや映像をあちこちに散りばめ、またそれがカラフルなインテリアとマッチしている。冒頭レナがとある「アルバイト」をするときの変名が、「セブリーヌ」というのも、『昼顔』へのオマージュなのだろう。そして究極は、マテオが映画を復讐の手段として使うのをあきらめ、恋人への愛情表現へと転換させることである。エルネストJr.ですら、自分の映像にマテオへの思いを込めているのだ。

またマテオが撮る映画『謎の鞄と女たち』が、『神経衰弱ぎりぎりの女たち』と内容が酷似しているのも面白い。監督はこのシーンをとても楽しんで撮ったそうで、スピンオフ企画でこれも何かの形で公開してくれたらいいのにな。

『ボルベール』ほどの迫力はないとしても、今回もペネロペは気丈な女優レナを好演している。スペイン語を話しているときの彼女はやはり生き生きとしてよい。90年代のバブリーなファッションを着こなすゴージャスな姿が好きだった。読唇術者として登場するロラ・ドゥエニャス(このシーンがおかしい)など、常連俳優も多く、かつ絶妙なキャスティングが楽しい。
[PR]
by poyance | 2010-02-12 01:37 | 映画
<< レボリューショナリー・ロード/... ブーリン家の姉妹 The O... >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
日々の記録
映画

音楽
ドラマ
未分類
以前の記事
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
フォロー中のブログ
There for you
太陽がくれた季節
Three Stars
リンク
最新のトラックバック
【DVD】モーターサイク..
from 新!やさぐれ日記
パリ、ジュテーム
from To pass leisur..
いつか王子駅で (新潮文..
from 本を読もう�U
『007/カジノ・ロワイ..
from 【徒然なるままに・・・】
『レディ・イン・ザ・ウォ..
from 【徒然なるままに・・・】
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧