Top
抱擁のかけら Los Abrazos Rotos
b0062149_1191268.jpg監督:ペドロ・アルモドバル
公開年、製作国:2009年、スペイン

MOVIX堺にて鑑賞。待望のアルモドバル新作。マテオを中心とする現在、過去の回想、マテオが撮影したフィルム、エルネストJr.が録画したビデオなど、さまざまな次元の映像が登場するが、物語の筋はさほど複雑ではなくわかりやすい。一方で全体的にまとまりが弱く、かつ『ボルベール』のようなエネルギーや力強さに欠けているように思う。昨年のカンヌに出品されたときに「前作ほどではない」という評を見ていたから、ある程度予想はしていたものの、アルモドバルファンの家人にはかなり物足りなかったようである。

とはいえ、監督の映画愛が今回も随所にあふれていて、それは堪能できた。ペネロペ演ずるレナに、オードリー・ヘプバーンやマリリン・モンロー風のコスプレをさせたりするのを始め、往年の名画のポスターや映像をあちこちに散りばめ、またそれがカラフルなインテリアとマッチしている。冒頭レナがとある「アルバイト」をするときの変名が、「セブリーヌ」というのも、『昼顔』へのオマージュなのだろう。そして究極は、マテオが映画を復讐の手段として使うのをあきらめ、恋人への愛情表現へと転換させることである。エルネストJr.ですら、自分の映像にマテオへの思いを込めているのだ。

またマテオが撮る映画『謎の鞄と女たち』が、『神経衰弱ぎりぎりの女たち』と内容が酷似しているのも面白い。監督はこのシーンをとても楽しんで撮ったそうで、スピンオフ企画でこれも何かの形で公開してくれたらいいのにな。

『ボルベール』ほどの迫力はないとしても、今回もペネロペは気丈な女優レナを好演している。スペイン語を話しているときの彼女はやはり生き生きとしてよい。90年代のバブリーなファッションを着こなすゴージャスな姿が好きだった。読唇術者として登場するロラ・ドゥエニャス(このシーンがおかしい)など、常連俳優も多く、かつ絶妙なキャスティングが楽しい。
[PR]
by poyance | 2010-02-12 01:37 | 映画
<< レボリューショナリー・ロード/... ブーリン家の姉妹 The O... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31