Top
ほえる犬は噛まない(ポン・ジュノ、2000年、韓国)
b0062149_25247.jpgスカパー(シネフィル・イマジカ)から録画したものを鑑賞。大学に職を得るコネも金もなく悶々としている大学院生・・って何だか身につまされるような内容だが、それがコミカルかつシニカルに描かれ、今まで観てきた韓国映画にあるようなドロドロしたルサンチマンは感じられず、とても新鮮だった。感情に走ることもなく、倫理的にきれいな終わり方になることもなく、作品へのリアリティの持たせ方がとてもうまい。脚本のテンポもよく、ユーモアも光っている(切り干し大根のネタがツボでした)し、「TOKYO!」では今ひとつそのよさがわからなかったポン・ジュノだが、この映画を観てやはり才能のある監督だと確信した。「殺人の追憶」と「グエムル」はメディアで置いてあるので、これをまず観たい。それから「母なる証明」もいずれ。

是枝監督の「空気人形」で絶賛されているペ・ドゥナだが、ここでも大変魅力的である。監督たちがこぞって彼女を使いたがる理由もよくわかる。彼女はハスミ大先生&金井女史に好評の「子猫をお願い」にも出演していることもわかり、こちらもメディアで手元にあるので、近々観たいと思う。

今回のワンちゃんたちはシーズーやプードルといったお座敷犬ばかりで、好みではないのだけれども、やっぱりイタイ目に遭わされてるのを見るのは可哀想です・・
途中で主人公がカラオケで歌う曲が何か聞き覚えのあるメロディ・・と思っていたら、この映画の別タイトルは Flanders' Dog なのでした。この場面かなり笑えます。
[PR]
by poyance | 2009-12-15 02:01 | 映画
<< トワイライト〜初恋〜(キャサリ... イングロリアス・バスターズ(ク... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31