Top
譜めくりの女(ドゥニ・デルクール、2006年、フランス)
b0062149_202106.jpgWOWOWから録画したものを鑑賞。復讐劇と言ってしまえば簡単だが、このメラニーという娘が終始何を考えているのかわからないように演出がされているため、非常に抑制されたトーンで物語が展開されるのにもかかわらず、観ていてゾクゾクするようなサスペンス感が味わえる。肉をぶち切ったり、(天使のような)子供にそれとわからないように意地悪をしたり、所々で残酷な行動が見られるものの、高価なクリームをアリアーヌに直接顔に塗ってもらうときの、指が触れた瞬間に見せる恍惚の表情は本物にも思われて、結末はどうなるのか最後までこちらに気を揉ませるのであり、その作り方がまたうまいのだ。ただし、メラニーがアリアーヌ一家からいともやすやすと信頼を得られる設定は安易に見えてしまうので、もう1エピソードくらい付け加わってもいいかなと思った。1時間25分と短いですし・・

メラニー役のデボラ・フランソワの地味目ながらも謎めいた雰囲気もよいし、カトリーヌ・フロが次第に不安定になっていく心理変化の表現もうまかった(ただピアノの前で緊張したときにあそこまで指が震えるかどうかは少々疑問)。夫役のパスカル・グレゴリー、年とったなあ・・
[PR]
by poyance | 2009-10-09 20:50 | 映画
<< リミッツ・オブ・コントロール(... 天才マックスの世界(ウェス・ア... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31