Top
山のあなた 徳市の恋(石井克人、2008年、日本)
b0062149_19584687.jpgWOWOWから録画したものを鑑賞。この監督にもさして興味がなく、ましてや主役の彼のファンでもない(わりと好きなほうだが)のにこの映画を観たのは、ひとえにスチール写真にうつるマイコの美しさに魅せられたからである。資生堂のCMに出ていたときから彼女は気になる人だった(後でわかったことだが、これも好きだったサンゲツのCMの女の子も彼女だった!)。そういうわけであまり内容に期待しないで観たのだが、これが結構面白かった。

まず映像が大変美しい。自然の風景の色彩の鮮やかさはもちろんのこと、人物が登場するときのショットが大変計算されていて構図がいちいち感動的なのである。なんでもこの映画は清水宏監督の「按摩と女」を「カヴァー」(リメイクではない)したものだそうで、カメラワークもオリジナルと違わないとしたら、清水宏という人の、現代でも何ら見劣りすることのない洗練された技をここで再確認できる。ただ温泉街がCGだったりして、現代的な部分が時折顔を覗かせると興ざめしてしまう。

草彅君は頭で、というより本能で演技するタイプの人だと思う。徳市に劣らずカンのよい彼は、主人公に体全体でなりきっている。またマイコは物腰もセリフの言い回しもまるで昔の映画女優そのままで、「カヴァー」という概念にぴったりの演技をしている。なので二人がからむ部分はノスタルジックな雰囲気が漂っていて趣がある。一方で普段は自然体のはずの加瀬亮が「演技」しているように見えるし、演技派の堤真一や三浦友和が、現代的すぎて映画から浮いているように見えてしまうのが不思議だ。新井浩文や尾野真千子などがちょい役で出ているのも乙。
[PR]
by poyance | 2009-09-21 02:00 | 映画
<< 天才マックスの世界(ウェス・ア... その土曜日、7時58分(シドニ... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31