Top
ニコール・キッドマンの恋愛天国(ジョン・デューガン、1990年、オーストラリア)
b0062149_2248162.jpgタイトルだけ見ると、ニコールが主演で、ちょっとおバカな青春映画って感じですが、実際はニコールは脇役で、一応初体験シーンとかお色気場面もあるけど内容は結構マジメです。タイトルですごく損してる映画だと思う。
ニコールをはじめ、ナオミ・ワッツ、タンディ(サンディ)・ニュートンといった今ならそうそうたる女優陣が出演してます。ニコールは男子のあこがれという設定になっていて、スタイルもいいし(妙に姿勢がよい)お人形さんみたいだけど、まだ今のような浮世離れした美しさはなく、まだまだ田舎にいるちょっとキレイな女の子、という感じ。ナオミは主人公の友達役ではあるものの、名前が出ないとわからないくらい地味です。で、この時点で一番魅力的なのは主人公が好きになる女の子タンディウェを演じるタンディ(まぎらわしい役名・・ニコールも「ニコラ」という役名だった)です。「ミッション・インポッシブル2」のときも可愛いなあと思ってたんですが、ここですでに頭角を現していたんですねえ。ニコールやナオミにはまだ感じられない色香がにじみ出ています。主役の男の子ダニー(ノア・テイラー)も印象的で、端正な顔かたちの男子群の中、あの髪型と口もとはすごく目立ってました。
話は全寮制の男子校と女子校にいるダニーとタンディウェの恋物語が中心なんですが、恋愛よりも友情話の方が心に残りました。タンディウェがナオミたちと色々恋バナに花を咲かせていたり(どこの国でも時代でも女の子の方が早熟よね〜 女子校だと特に)、おカタく見えたニコールがタンディウェに秘蔵の酒をすすめたり、ダニーの友達の宮迫風な男の子が妙に考えがオトナでカッコよかったり。ダニーとタンディウェも最後は結ばれるんだけど、どっちかというと2人の関係も同志、という感じでベタベタしたものではなく、好感が持てました。舞台は60年代で、サルトルやカミュ、当時のアフリカ情勢などの要素も盛り込まれて、ほどよく甘さを抑えているようです。
オーストラリアの映画は前々から興味があります。それほど見てるわけではありませんが、わりと後味がさっぱりしているものが多いように思うんですけど、どうでしょう?
[PR]
by poyance | 2004-11-21 18:15 | 映画
<< レディ・キラーズ(ジョエル&イ... 『或る女』(有島武郎) >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31