Top
4ヶ月、3週と2日(クリスティアン・ムンジウ、2007年、ルーマニア)
b0062149_20535114.jpgWOWOWから録画したものを鑑賞。一昨年のカンヌでパルム・ドールを受賞した作品。これを観た人の多くは思うことだろうが、どうしてオティリアは友人(それもわがままで、無責任で、人に頼りっぱなしの、救いようのない女)に、あそこまで尽くしてやれるのか? それについて考えていたら、前に読んだブルガリアに留学した日本人女性の手記に、ルームメイトで仲良くなった女の子が、恋人に対する接し方のような深い友情(性的なものではない)を要求してきて戸惑ったエピソードがあったのを思い出した。オティリアは友に忠実なのだけれど相手はそうでもないし、彼氏も自分の要求ばかり押しつけてきて、本当に報われない。最後のシーンがそれをまざまざと表していて印象的だ。映像がクリアで、東欧映画独特の色合いが美しく、薄暗い画面にオティリアのセーターの緑が映えている。
[PR]
by poyance | 2009-04-13 21:07 | 映画
<< ぜんぶ、フィデルのせい(ジュリ... 少女ムシェット(ロベール・ブレ... >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
日々の記録
映画

音楽
ドラマ
未分類
以前の記事
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
フォロー中のブログ
There for you
太陽がくれた季節
Three Stars
リンク
最新のトラックバック
【DVD】モーターサイク..
from 新!やさぐれ日記
パリ、ジュテーム
from To pass leisur..
いつか王子駅で (新潮文..
from 本を読もう�U
『007/カジノ・ロワイ..
from 【徒然なるままに・・・】
『レディ・イン・ザ・ウォ..
from 【徒然なるままに・・・】
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧