Top
テネイシャスD 運命のピックをさがせ!(リアム・リンチ、2006年、アメリカ)
b0062149_216558.jpgレンタルDVDにて鑑賞。保守的な父親に反抗して家出したロック大好き青年JB(ジャック・ブラック)は、ようやく目指していたハリウッドにたどり着くが、道ばたでギターを弾いているKG(カイル・ガス)の腕前に惚れ込み、「テネイシャスD」というバンドをむりやり組むがなかなか日の目を見ない。ある日JBは名ギタリストたちが皆同じギターピックを使っていたことに気づき、その伝説のピックを手に入れようとする・・

クドカン推奨のロックバカ映画ということで観ました(笑)。ロック・オペラ仕立ての冒頭部からかなりのハイテンションで、おまけに最初に出てくる子役がジャック・ブラックにそっくり!なのに驚愕しつつ前半部は面白く観られましたが、後半はちょっとそのテンションの高さにこちらが息切れしてきて疲れました(笑)。長さが90分でよかった・・

もともとヘビメタはぜんぜん興味がないので、どうかなと思ったんですが、音楽的には楽しかった(二人でやってる音楽はあまりヘビメタっぽくない)です。下ネタももちろん出てくるのだけれど、その場面が後半の伏線にもなっていて(あの場面がこう使われるか〜という驚きのほうが強い(笑))そう下品には感じられなかったです。

私が今いちばん好きなコメディ俳優はジャック・ブラックかもしれません(ジム・キャリーは暗い役が好きなので)。あの暑苦しさがなぜかツボなんですね・・ 彼のキャラが十二分に発揮されている映画だと思いますが、逆に彼を生理的に受け付けない人は全くダメでしょう。それからティム・ロビンスがええ〜っという感じの役で登場してます。何故??と思ったらジャック・ブラックはティム・ロビンスの初監督作で映画デビューをしていたそうで、そのつながりなんでしょうか。その他私の好きなジョン・C・ライリーも出てるそうなんですけど、全くどこにいたのかわかりませんでした・・
[PR]
by poyance | 2009-02-04 19:36 | 映画
<< ベンジャミン・バトン 数奇な人... ハプニング(M・ナイト・シャマ... >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28